カリウムのサプリメント

多くの血圧が高い人が、カリウムのサプリメントをその対策のために活用しているようです。非常に高血圧は日本人によくある病気なのですが、食生活において塩分摂取量が多いことがそのひとつの原因になっています。カリウムサプリメントは塩分とのバランスをとって、血圧の上昇を防ぎます。筋肉の収縮や神経の伝達をスムーズにする効果がカリウムにはあり、血圧のほかにも健康効果があるようです。普段から高血圧が気になる人は、たくさんの食材にカリウムが入っているので、意識して摂取することをおすすめします。特に新鮮な野菜、果物、肉類にカリウムは含まれています。食材を調理すればするほどカリウムの含有量は少なくなるので注意が必要です。たくさんのカリウムが玄米に入っていますが、かなり白米に精製するとカリウムは減少するといいます。煮込んだり茹でたりするとカリウムは少なくなってしまうので、調理するときに工夫することが不可欠です。日本人は塩分の多い食事をしているにもかかわらず、カリウムの摂取量が多くありません。サプリメントでカリウムを摂取するいう方法が、カリウムを食事で足りない分補うのに良いといいます。カリウムはミネラルの一種でありなかなか吸収できない成分ですが、吸収効率をキレート処理という加工方法がされているサプリメントはアップさせることができます。特に小腸からカリウムを吸収する機能は、加齢と共に低下します。血圧に悩む人は、カリウムのサプリメントを使って体調を整えてみてはどうでしょう。

DHAとEPAのサプリメント

サプリメントの中でも、血圧が高い人にはDHAとEPAが効果的だといいます。高血圧の改善にはDHAとEPAと呼ばれる成分が有効だといいます。高血圧は自覚症状が乏しいにもかかわらず、悪化すると動脈硬化や心筋梗塞など、命に関わる重篤な症状を引きおこします。高血圧を解消するための方法は、、肥満の解消、病院での治療、食事の改善や運動の習慣などさまざまです。いろいろな食材や栄養成分によって血圧を低下させることができ、たくさんのサプリメントという形にした商品も販売されています。サプリメントとしても人気の商品となっているDHAとEPAは青魚に多く含まれる物質で特に脂の乗った旬の魚に豊富です。最近の日本人の大多数が食生活では半分も摂取できていないようですが、1日の摂取量の目安は1〜2gが理想だそうです。ほんどの青魚をよく食べるイヌイットの人々に、血管系の生活習慣病である心筋梗塞や動脈硬化などにかかる人がいないようです。DHAやEPAが注目されるきっかけとなった事実です。 DHAとEPAは血圧を下げるのに有効なだけではなく、効果的に血栓を溶かしたり、学習機能を高めたり運動能力を高めたりすることもできるそうです。サプリメントなら、青魚を毎日の食事で摂取するのが難しいという人でも、どんな方でも簡単に摂取可能です。血液をサラサラにし、血圧を下げる効果があるDHAやEPAのサプリメントを活用して栄養のバランスを整えていただきたいものです。

メラトニンのサプリメント

メラトニンをサプリメントで体内に取り入れるという人がいますが、メラトニンとは体内時計に関係する栄養成分です。サプリメントでメラトニンを補給したい人は多いですが、反面、体内時計が体にどう影響しているか知らない人もいます。いま話題のメラトニンのサプリメントについて調べてみました。人間の体は今の時間を体で把握しています。海外旅行にいくとこの体が思っている時間と実際の時間が違うために時差ぼけになります。体は夜中だと思っているのに実際の時間は真っ昼間ということが起きます。日ごろ、人間の体は一定のリズムで起床し、食事をして、夜暗くなったら就寝します。すべて体内時計がそう感じて起こる事です。飛行機に乗って海外旅行などに行くと、飛行機の時間が長くなります。時差ぼけは、体が認識している生体時間と、外の世界の時間が違うために、自分の中では考えられない時間に食事や睡眠をする時に起きます。メラトニンサプリメントを摂取することで、時差ぼけを治すことができるといいます。メラトニンのサプリメントは体内時計を早く進めたり、遅くしたりすることで、体調を整えてくれる役目をしてくれます。不眠症がよくならずに困っているという人には、サプリメントでメラトニンを摂取することが効果が高いといいます。不眠の理由は色々なものがありますが、その中の一つに体内時計に問題があるという場合があるようです。メラトニンのサプリメントなどを摂取する事で、体内時計を調整して、不眠を改善する事ができるわけです。